LINEで送る
Pocket

子どもとキスをしたら虫歯がうつるというのは嘘

子どもとキスをしたり、お母さんが食べ物を噛み与えたり、あるいはスプーンやお箸などの食器を共有すると、虫歯菌が子どもにうつり虫歯になる、という話はいまや子育て世代の常識となっています。

虫歯菌はお母さんやお父さんの唾液から子どもに感染し、それが子ども達の虫歯の原因になると言われています。

現代の日本の子育て世代は、これをしっかり守り、子ども達とは一切キスをせず、食器を共有しない子育てを頑なに守っているようです。

しかし、これが大嘘なのです。

虫歯の原因は虫歯菌の伝染が原因ではありません。

こんな嘘がまかり通ったせいで(誰かが流したせいで)、親子のキスを奪ったとするならそれは大変な罪です。

虫歯のメカニズム

虫歯菌(ミュータンス菌)とは

虫歯菌

虫歯が虫歯菌によって作られる酸によって歯が溶かされることで起こることはよく知られています。

だから虫歯菌を口の中から無くせば、虫歯にはならないとする説が生まれたのです。

しかし、人の口の中に存在する虫歯菌といわれる菌(ミュータンス菌など)は、全て自然界に広く存在する菌であり、ほとんどの人の口の中に存在する常在菌です。

このような常在菌は、腸の中に存在する腸内細菌と同じように、むしろ我々の口の中を守っているといっても過言ではありません。

むやみに減らすべきではありませんし、キスをしなかったり食器を共有しなかったりするぐらいで減るようなものではありません。

虫歯菌は何を餌にするのか

虫歯ができる最も大きな原因は、虫歯菌の餌となる糖質の摂取です。

虫歯菌は糖を原料に酸を生み出し、この酸が歯を溶かします。

特に、スクロース(ショ糖)や異性化糖などの甘い糖類は虫歯を発生させるリスクが非常に高くなります。

このような糖類を摂取しないことが虫歯を発生させないことに繋がるのです。

虫歯菌の存在が酸を発生させるのではなく、虫歯菌が砂糖をえさにして虫歯が発生するのです。

したがって、糖類さえ摂取しなければ、キスをしようが食器を共有しようが、虫歯になることは一切ありません。

唾液が歯を修復する

唾液には歯を修復する機能があります。

これを「歯の再石灰化」と言います。

人が食事をすると、口の中はいったん酸性に偏ります。このとき、虫歯菌はやや活性化されますが、カルシウムが流失してしまった部分に唾液に含まれるカルシウムが速やかに修復します。

歯の再石灰化とはこの機能のことを言います。

私達は虫歯の治療といえば歯医者で治療する以外方法はないようにイメージを植えつけられていますが、実際は、初期の虫歯は唾液だけで修復されてしまうのです。

しかし、再石灰化が正常に機能しない場合があります。

それが砂糖の継続的な摂取です。

唾液にカルシウムが含まれない場合がある

本来糖分を摂取しても再石灰化がうまく機能すれば、虫歯が進行することはありませんが、唾液にカルシウムなどの歯の成分が含まれていないと、歯の修復が追いつかなくなります。

そうなると虫歯が進行していきます。

そして、このような現象が砂糖の継続的な摂取によって起こるのです。

逆に、砂糖の摂取を一切止めれば、カルシウムの分泌は再開し、初期の虫歯であれば修復されるのです。

先住民族には虫歯は存在しない

A・プライス博士の「食生活と身体の退化」に出てくる伝統的な食事を続ける先住民族には虫歯がほとんど存在しません。

一方、小麦などの穀物を摂取する民族では、動物性タンパク質を主体とする食生活を営む民族に比べやや虫歯の割合が高くなることも分かっています。

ウェストン・A・プライス博士の『食生活と身体の退化』

虫歯の原因は砂糖だけではない

ここまで糖類というと、砂糖(スクロース)や異性化糖が虫歯の原因になるという話をしましたが、実際にはグルコースやフルクトースなどの単糖類も虫歯の原因となります。

人類を滅ぼす「砂糖」の正体

つまり、お米(玄米を含む)やパスタ、パン、ラーメン、うどん、お好み焼き、たこ焼きなど、我々の身の回りにありふれた炭水化物を継続的に摂取するだけでも、歯の再石灰化は機能しなくなってくるのです。

日本人は昔から、米を主食としてきた民族だから、穀物主体の食事を摂ることが最も健康でいられるとする菜食玄米やマクロビオティックを推奨する人がいますが、実際は日本人は農耕民族になって以来ずっと虫歯の罹患率は高く、平均寿命も今よりもずっと短かったのです。

実際のところ、日本人が米を主食として食べ始めたのは戦後であり、せいぜい70年程度の歴史でしかありません。

私達の身体は、まだ穀物を正しく消化できる機能を持っていないのです。

そしてその結果が、虫歯や生活習慣病、うつ病、アレルギー、あるいは癌という形で現れているのです。

おわりに

虫歯は虫歯菌の存在によって起こるものではありません。

砂糖や異性化糖を初めとする糖類の摂取によって起こります。

これらさえ摂取しなければ、虫歯になることは絶対ありません。

だから、自信を持って子ども達とキスをしていいのです。

またおいしい物を食べさせたければ、噛み与えてもいいし、お母さんのお箸で子どもの口に運んでも構いません。

関連記事はこちら