LINEで送る
Pocket

通常われわれの体の血糖値はグルカゴンとインスリンが調整を担っています。

しかし砂糖や炭水化物が体内に取り込まれると、血糖値の急上昇が発生しインスリンが分泌された後、直後に血糖値の急降下が起こります。血糖値が急降下したあと、低血糖状態となると今度は血糖値を上げようとして、アドレナリン、グルカゴン、糖質コルチコイド、チロキシン、成長ホルモンなどが分泌されます。

それらの多くは本来、平常時に分泌されるようなものではありません。

そのため、このようなホルモンが分泌され続けると、体は徐々に悲鳴を上げ始め、あらゆる影響が出てきます。

これらの危険なホルモンと体への影響について考えてみます。

 

糖質コルチコイド

副腎から分泌されるホルモンであり、主に、体のタンパク質を分解して糖化し、血糖値を上昇させる働きを持ちます。また、抗炎症作用抗アレルギー作用胃液分泌亢進 などがあげられます。

さらに、グルカゴン、アドレナリンに対して許容作用があり、これらのホルモンは糖質コルチコイドがないと働きません(許容作用とは、そのホルモン自体は効果を出さなくても、他のホルモンの働きには必要なものを指します)。

医薬品としては、副腎皮質ホルモン剤として、いわゆる「ステロイド」として使用されています。

 

人間の生体維持活動において必要なホルモンですが、分泌されすぎると副腎が疲れてしまい、本当に必要なとき(免疫機能の調整やストレスに対する対応)に糖質コルチコイドが分泌されなくなってしまいます。

この状態を「副腎疲労」といいます。

副腎疲労

副腎疲労が起こるとどのようになるのでしょうか?

副腎は朝が最も活発で夕方にはほとんど活動しなくなるという性質を持っています。したがって、朝起きるのがとってもつらくなります。

しかし、それだけではありません。以下にあげるような様々な慢性疾患を及ぼします。

喘息、慢性的な感染症、枯草熱、皮疹、潰瘍性大腸炎、クローン病、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、リウマチ性関節炎、免疫障害、不眠症、頭痛、疲労、失神、女性生殖器障害、肥満、心悸亢進、浮腫、学習障害、軽度から重度の鬱にも関わり、婦人科系疾患、無月経、産後のうつ病、月経前症候群、無排卵、更年期うつ病、その他子供の障害であるADHD(注意欠陥多動性障害)や自己免疫疾患、など。

副腎を元気に保つためにも低血糖状態にしないようにしなければなりません。

アドレナリン

アドレナリンという言葉自体はよく聞きますが、実際は生命に危機的状況が生じた場合に、その危機から逃れるために分泌されるホルモンです。動物が敵から逃げる、身を守る、あるいは、獲物を追う、捕食する必要にせまられるなどのストレス応答を引き起こします。そのため「闘争か逃走か(fight-or-flight)」のホルモンといわれています。

こんなホルモンが毎日の食事の後に分泌されていいのでしょうか?

いいわけがありません。

アドレナリンの分泌によって、以下のような反応が示されます。

心拍数の上昇、血圧の上昇、心筋収縮力の上昇、心・肝・骨格筋の血管拡張、皮膚・粘膜の血管収縮、消化管の運動低下、呼吸におけるガス交換効率の上昇を引き起こす機関紙平滑筋弛緩、瞳孔散大、感覚の麻痺、勃起不全、中枢神経の興奮作用などです。

夜ご飯をお腹いっぱい食べて、アドレナリンが分泌されながら床に入るとどうなるでしょう?

頭は寝ようとしても(副交感神経優位)体は興奮状態(交感神経優位)で、寝つきが悪くなります。これが徐々に自律神経失調症へと続いていきます。その結果、夜寝ても疲れが取れない、便秘がち、逆流性胃腸炎など、消化器系にからむ異常へと発展することもあります。

子どもたちはどうでしょう?

夜なかなか寝てくれない、寝つきがわるい、言うことを聞かない、思い通りにならないと暴れる、便秘…。

 

アドレナリンは本当に戦ったり、本当の危機が迫ったりしたときだけ分泌されればいいのです。毎日毎食後に分泌されるものではありません。

チロキシン

サイロキシンとも呼ばれる、甲状腺の濾胞から分泌される甲状腺ホルモンの一種です。

低血糖状態になると、脳下垂体から甲状腺刺激ホルモン(TSH)というホルモンが分泌され、甲状腺を刺激します。このホルモンによって甲状腺が刺激されると、チロキシンやトリヨードサイロニンなどの甲状腺ホルモンが分泌されます。これらもまた、血糖値を上昇させる働きを持っています。

チロキシンは全身の細胞に働きかけ、呼吸量やエネルギー生産性を増大させる働きがあります。また、呼吸数や心拍数を増やし、血圧の増大、体温の上昇、筋肉活動性の向上などを促します。このようにして、チロキシンが分泌され続けると、先ほどの副腎疲労と同様、甲状腺疲労が起こります。

甲状腺疲労

甲状腺疲労が起こると、チロキシンの分泌が減少すると共に、今度は逆に体温の低下、血圧の低下、強い疲労感や鬱、神経症などを発症します。また細胞の代謝機能が低下するため、体重も増加します。

特に女性が手足が冷えるとか、体がだるいとか、やる気が出ないとかいった症状が見られる場合は、甲状腺疲労が考えられます。

子ども達においても同様に、甲状腺の疲労によって低体温の子ども達が増えているとも考えられています。

成長ホルモン

成長ホルモンは脳下垂体前葉のGH分泌細胞から分泌されるホルモンであり、文字通り体のあらゆる器官の成長を担うホルモンです。

適切に分泌されれば適切な成長と生体の維持に使われますが、過剰に分泌された場合は様々な問題を引き起こします。最も有名なのはアクロメガリーと呼ばれる局部的異常成長です。

アクロメガリー

最も顕著な例は、顔貌の変化です。眉間・頬骨の突出、下顎の突出、鼻・唇・耳たぶなど顔の一部分だけがやたらと大きくなる、舌が分厚く大きくなりその結果、睡眠時無呼吸の原因にもなります。

また女性の場合は、月経の異常、月経不順、月経が止まるなどの症状が生じます。

その他、皮膚が分厚くなる、発汗が多くなるなどです。

子どもの場合は、顔の一部が変形し続けることによって、顔や骨格にゆがみが生じたり、その結果、歯並びが悪くなったりすることがあります。

成長ホルモンは睡眠中に2時間から3時間の間隔で下垂体前葉より分泌されると言われており、それ以外のタイミングでむやみやたらに分泌されるべきではありません。

まとめ

グルコース・スパイクのあとに起こる低血糖時に分泌されるホルモンについてみてきました。

いずれのホルモンも常に分泌され続けるものではありません。

分泌され続けることによって、副腎疲労や甲状腺疲労がおき、様々な疾患を生み出すことが分かっています。

これらのホルモンをできるだけ分泌させないようにすること、すなわち、糖分を一切摂取しないことが重要です。

 

これでもまだ炭水化物をお腹いっぱい食べたいですか?

これでもまだスウィーツをお腹いっぱい食べたいですか?

これでもまだ子どもにご飯や甘いものを食べさせたいですか?

関連記事はこちら